あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報などお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    仙人直伝 鹿のとり方と熊のとり方(爆)

    あなたのかわりに・・・
    八ヶ岳 仙人小屋の話題をちょっぴり先行ネタちら出ししてみましたよ。
    店主直伝? 鹿と熊の捕り方ですって。

    091124_0543.jpg

     鹿のとりかた?・・・・
    ※鹿に大きな声で「オーイ」と呼びかける。
    何か用事があるのかと思い近づいてくる。「しかし」まだ安心してはいけない。
    しっかり しかとうしている。
    せっかく来たのにと鹿がストレスがふくらみイライラする。
    必要以上に意地になり近づいてくるので風呂にでも入って行けと優しい言葉をかける。
    鹿は本当はいい人なんだと想い「それではお言葉に甘えて」と
    用意してあったドラム缶風呂に入る。
    タオルを貸すと頭にのせるので、目の前の視界が狭くなったとき、フタをする。
    あとは、火力を強くするだけ。

    091124_0544.jpg

     熊のとりかた?
    できるだけ大きな声で「クマー」とさけび
    その後少しずつ小さくしながら「クマ クマ クマ ・・・」と近づいてゆく。
    相手はだんだん遠のいてゆく声の中で安心して 居眠りを始める。
    1メートル程まで近づいたら、まどろんでいる熊にワナをかけ(手 足 口)勝利宣言となる。
    しかし、山梨県ではクマ猟は禁止されている。

    熊 

    本当にこんな方法でとれるのか?
    もちろん危険ですので、小さなお子様は絶対にマネをしないでくださいね。

    以上、面白いこと考える仙人と話しながらHearts(室長)がお伝えしました。

    面白いと思ったら下のランキング応援バナーをぽちっとクリックお願いします。

     にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ   食べログ グルメブログランキング   blogram投票ボタン

    スポンサーサイト

    | ≪あやしぃ~ トコ探検記≫ | 01:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    熊はチト怖いけど、鹿ならいいかな?
    今日はジブリ料理にしますか?
    「風呂でも入っていけ」っていうのがいいなぁ~

    | 青田赤道 | 2009/11/24 07:47 | URL |

    熊、鹿のとり方を読んだ後だと
    8/1熊とれました。が妙に嘘臭く感じます笑★

    鹿肉は聞いたことありますが
    熊ってたべれるのでしょうか…(^u^)♪

    | モーコ | 2009/11/24 11:34 | URL |

    青田赤道さんへの書簡

    青田赤道さん 今日は、ご機嫌いかがですか?

     鹿は何度か食べてるから 今度は熊の肉食べてみたいと
    おもってるんですよ。
    うわさによると、唇がつるつるになるくらいの脂だとか?
    熊の脂 肌にいそうだけど高いよね。
    そいえば ジブリに登場した料理の再現ってあるのね。

    | Hearts(室長) | 2009/11/24 11:59 | URL | ≫ EDIT

    モーコさんへの書簡

    モーコさん 今日は、ご機嫌いかがですか?

     熊肉もおいしいそうですよ。
    中華料理の満漢全席では熊の手の煮込み料理があるんだとか?
    うわさでは、蜂蜜を採る右手のほうが美味しい・・・
    うーんでも、食べて事がないのでわかりません。
    仙人小屋のメニューに 熊肉丼 1800円 汁付き ありましたが 売り切れでした。

    | Hearts(室長) | 2009/11/24 12:09 | URL | ≫ EDIT

    あれ~なんか変だぞ~と思ったら、「ジビエ」をジブリと間違えてますた。
    でも、ジブリ料理なんてあるんだ!!

    | 青田 赤道 | 2009/11/25 13:23 | URL |

    青田 赤道さんへの書簡

    青田 赤道さん 今日は、ご機嫌いかがですか?

     ジビエ料理と書きたかったんだね(笑)
    ジブリ映画にでた料理を再現する ジブリ料理あるみたいよ

    | Hearts(室長) | 2009/11/25 23:52 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://anakawa.blog77.fc2.com/tb.php/594-66f8b3e1

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT