あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報などお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    漢の食いざま・・・ 伯爵の前ではパンダも平伏した! 

    あなたのかわりに・・・
     伯爵がパンダに漢の食いざまを見せてやる!・・って言うんでお供しましたよ。

    香林酒家 フカヒレの姿煮
    Photo by (C)Hearts(室長)

     パンダ酒家の一品料理では多分最高価格になるんじゃないかと思うフカヒレの姿煮
    確か税抜き4,900円 税込5,145円というこセレブ価格! フカヒレの姿煮なんだから当然か?
    そうそう、パンダ酒家は何故かファミレスのランチのぼり旗のように税抜き価格が大きく書かれてる「笑」
     
     それはいいとして、そんなセレブなメニューを注文して独り占めして食べるというのが
    伯爵の伯爵たる所以!・・・と思っていたら 伯爵はさらにその上をゆく器の持ち主だった。

    香林酒家 フカヒレ丼
    Photo by (C)Hearts(室長)

     そんな伯爵は、フカヒレの姿煮に200円プラスしてランチセットにして
    提供されたご飯の茶碗を もっと大きな茶碗に変えて欲しいとパンダに言った!

     その時パンダは、なぜ茶碗を大きいものに変えたかなど、知る由もなく
    ただ言われるがままに茶碗を交換したパンダ。

     伯爵はそこで何の躊躇もせず、フカヒレの姿煮を惜しげもなくご飯の上に掛けた!!
    それは、フカヒレ オンザライス!などという生易しいものではなく
    フカヒレ丼という、高級一品料理を見事なまでにダウングレード・・・
    OSで言えば Windows8の時代に あえてXPにOSを落として使うようなもの。

    なんという潔良さ、質実剛健、これぞ漢飯である。
    お腹に入ればどちらも同じようだが、とんかつ定食とカツ丼
    牛丼と牛皿定食 同じようでも別々にすると値段も違うんです。

     こんな贅沢な丼を前に提供したパンダも驚き平伏した。
    どちらが霊長類最強かはパンダゆえに 白黒はっきり答えが出たようでありました。

    そんな伯爵様をボクは辣鶏子(ラーズージー)を食べながら
    口を痺れさせシーハー シーハー しながらその行方を見守るしかなかった。

    口が痺れているボクに伯爵様がランチタイムサービスのパンダコーヒーを入れてくれた
    今日は パンダコーヒー切れてないぞ「笑」
    パンダコーヒーはお客が集中すると切れちゃう時もあるし
    お茶がぬるい時もあるけど、そんなトコも含めてパンダ酒家の味なんだなぁ~と思ってます。

    以上、パンダ酒家で伯爵の漢の食いざま見せつけられパンダと仰天したHearts(室長)がお伝えしました。

    ※)今回のレポは、フィクションとノンフィクションが50:50なので
    実在の人物・お店とはあんまり関係ないので、すべては心で感じてください「笑」


    スポンサーサイト

    | 【静岡中部】ラーメン・中華系 | 00:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    まぁ~

    中国のゴロツキと伯爵では格が違いますからね!
    こんな白黒・・・
    楽勝なのですが!
    え?
    華僑に応援を頼んだ?
    おぉぉ・・・
    これは面白くなりましたね!
    パンダとの戦いは続きそうです。
    ・・・・・
    その前に借金のかたにSNKが・・・
    次回はパンダの「人身御供」になったSNKですね。
    (笑)

    | 裕治伯爵 | 2013/03/13 21:02 | URL |

    伯爵様への書簡

    伯爵様におかれましては、ご機嫌うるわしぅ~

     パンダ酒家が4月で1周年記念ということでなんで
    パンダに「じゃ、1周年記念に札幌の本店へご招待ツアーやってください!」と頼んだら 
    自分の金で行ってくれと 断られました「笑」
    吹雪の中でも行列ができる札幌の本店ですから
    電話予約して行ってくださいと言われました~

    それにひきかえ 支店はまったりしてていいですね。
    ボクたちの憩いの場というか「笑」

    さてさて、借金のカタとなったSNKの運命やいかに!
    次回も楽しみですね~

    | Hearts(室長) | 2013/03/13 22:45 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://anakawa.blog77.fc2.com/tb.php/1902-1c7c117f

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT