あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報・リクエストなどお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    鳥仙珈琲で山田ブレンド 期間限定一般販売?

    あなたのかわりに・・・
     山田ブレンドを取りに自家焙煎珈琲豆店に行ったら、期間限定で一般販売してましたよ。


    山田ブレンド 一般発売

     
     鳥仙珈琲さんに珈琲豆を買いに訪れて、山田ブレンド? なんだこりゃ? 変な名前? ナニコレ?
    と思われた方が多数いらっしゃったみたいですが・・・

     すみません! 実は山田ブレンドって ボクの味覚と好みに合わせて作ってもらった
    ボク専用のワガママなブレンドで、名前もボクが命名しました「笑」

     山田ブレンドはボクのワガママで焙煎しブレンドしてもらっているから
    公に一般販売してなかったので、予約して購入時は1キロ単位で買ってました。
    だいたいボクの1ヶ月の消費量です。

     1ヶ月? そんなに焙煎した豆が古くなるまで飲んでるの?
    珈琲豆は鮮度が生命! 焼きたてが1番・・・ というご意見もわかりますが、
    山田ブレンド深煎りなので、エイジングというか少し寝かせてからのほうが味が落ち着きます。
    ですので、ボクが購入する時もメールで予約して、寝かせて熟成させたものを購入してます。

     今回、一般販売してるので、100グラムから購入出来るみたいです。

    ここから先は、山田ブレンドを意図した味で飲んでいただくためのお話です。
    興味のある方↓


    最初に、ボクは珈琲マニアではなく、ただボク好みの珈琲を飲みたいだけです。
    だから、好みに合えば豆の種類や焙煎方法、抽出方法など何でもいいと考えています。
    山田ブレンドを購入した方にボク好みの味を再現するためにいくつかの事を書いておきます。


    山田ブレンド 豆

     山田ブレンドは、室温に置いておくとどんどん汗をかくように油分が浮いてきます。
    そして日に日に味が変化してきますが、これは深煎りの豆なら普通のことで
    山田ブレンドに限った話ではないです。
    概ね2週間ぐらい後からがボクの好みです。
    好みの味に変化したら、そこから変化を遅らせるように冷凍庫に保存します。

    山田ブレンド 中粗挽き


     山田ブレンドは、ドリップで淹れることを前提で焙煎してもらってるので
    フレンチプレスだと、また違った味わいになると思われます。
    フレンチプレス用には、フレンチプレスに合った焙煎の仕方があるそうです。

     挽き加減は、中粗挽き、カリタのナイスカットミルなら5を目安に好みで調整です。
    珈琲豆は挽くと劣化が始まりますので挽いた豆は長期保存に向かないと思われます。

    山田ブレンド 一つ穴


     ドリッパーは、1つ穴 2つ穴 3つ穴など色々あるけど
    やはり穴の数や大きさで味わいも変わるそうです。
    KONO式やハリオの大きな1つ穴に円錐ペーパー 推奨です。
    鳥仙さんはKONO式ですが、ボクは安くてどこでも手に入るハリオのスパイラルです。

    パイレックス

     山田ブレンドは、豆 1グラムに対して10cc抽出が基本だから
    鳥仙さんい習い ボクもパイレックスの耐熱計量カップで図りながら淹れます。

    ★基本的に珈琲豆を細かく挽けば挽くほど苦味が出やすいらしいです。

    ★豆15グラムで150ccの珈琲を抽出。←(コレ重要)

    ★お湯は沸騰したお湯を使わず、80度くらいのお湯で抽出します。←(コレ重要)
     沸騰したお湯で入れると 苦味が出やすいらしいです。

    ★真ん中500円玉くらいの大きさにゆっくりお湯を注ぐ。全体にかける必要無いそうです。

    ★最初の100ccまでは丁寧に落として、残り50ccは軽く流す感じでいいそうです。

    珈琲が膨らんでしぼむ時に美味しさが抽出されると聞いたことがあります。


    山田ブレンド 150っc


     熱々の珈琲がお好きな人が多いと思いますが・・・
    山田ブレンドは、少し冷めてからがマッタリして甘みも増してボクの好みです。
    そのまま放置して冷たくなっても、酸味がでたり苦味が出たりしません。
    十分飲める味を保っていると思われます。


    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポしたコーヒーの話をすべてみて見る?
    スポンサーサイト

    | 私の中の珈琲の世界 | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://anakawa.blog77.fc2.com/tb.php/1785-e3d5c01f

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT