あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報・リクエストなどお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 最終報告書 ツリーハウスと総括

    あなたのかわりに・・・
     ネオ・キタロー村の名の由来になったのではないかと思われるツリーハウスを見てきましたよ。


    t__1140213_0111.jpg


     コチラは道路から見た ツリーハウス。
    この独特の雰囲気とオーラを出しまくっている森の中のツリーハウスこそ、
    ゲゲゲの鬼太郎の家を思い起こさずには居られない。
    やはり、村の名前はソコから生まれたようである。
       ↓
    興味のある方は続きをどうぞ。
       ↓


    ネオ・キタロー村 ツリーハウス

     コチラ、村内から見る2階建てツリーハウス。
    隣には三角屋根のマウンテンハウスも見えます。
    高さ36.34メートル 東京スカイツリーの100の1スケールだとか?

    ネオ・キタロー村 ツリーハウス


     にしても、このツリーハウスすごいです。
    現在、木が枯れてきたので危険防止のため入れないとのこと・・・
    しかし、以前は中には入れたらしく 今回はとても残念な感じですが・・・
    コレらすべて自分で作っちゃう 村長のクリエイティブな発想とバイタリティには敬服します。

    ネオ・キタロー村 ツリーハウス


     コチラは、道路を挟んだむかえ側の施設
    コチラにもツリーハウスがありますが・・・
    入れないように厳重に門を閉ざしています。
    コチラに関しても村長は語らないので言及できぬまま・・・

    目玉のおやじ?


     門の右側にある石像は、「心で感じてください。」の像
    コレもボクの心では、おしゃぶり咥えた赤ん坊としか感じられず。

    村長にコレなんですか?と聞くと
    著作権の問題があるらしく・・・ 目玉の○☓△ らしいのだが。

    ネオ・キタロー村 ツリーハウス


     さて、この辺りで今回の潜入調査の総括をお伝えします。
    ココは、ネオ・キタロー村という名前の村長ワールドであり
    村長の世界観を具体化したワールドであるが、我々一般人にも開放してくれている。
    村長のワールドだから、それにケチをつけたり、ツッコミを入れる所ではない
    共感できるところや、村長ワールドを楽しめる心を持ち合わせている方が訪れると良いでしょう。

     村長は、元々大工で知り合いなどからもらった廃材を使って作ったのがネオ・キタロー村
    すべて村長手作りの集大成であり、元々、山の中なので不法投棄が絶えないため
    監視小屋の目的でツリーハウスを立てたのが原点。
    それを見た人々がゲゲゲの鬼太郎の妖怪ハウスみたいだと言うところから
    キタロー村の命名につながったのだと伝え聞きます。

     以前の名はキタロー村だが、時計台を完成させるために一時閉村
    時計台を竣工して、名前も新たに ネオ・キタロー村としてリニューアルしたそうです。

     入村には、住所氏名を記帳ノートに記さなければならない。
    一応無料開放だが、光熱費等の維持管理費がかかるので お気持ちのカンパ入れの
    ミニ賽銭箱が設置されている。お気持ちだが200円?の表記もある「笑」
    時計台2回はカラオケ屋 ミニキッチンを完備し 宿泊も出来る設備で
    1泊 光熱費負担の名目で1,000円程度で宿泊も可能らしい

    ネオ・キタロー村 ツリーハウス


     村長はフレンドリーにして饒舌、ネオ・キタロー村の話を頼まなくても
    ガイドツアーもしてくれる 心優しい方です。

     好きな言葉は「著作権」と「テレビの取材」 この2つの言葉を何度聞いたか・・・
    今までもマスコミへの露出が多く、全国ネットの番組放映も数知れず
    訪れた芸能人も数多く 誰々が登った木とか上がったステージだとか 話題には事欠かない
    村長自身 メディアからの取材が好きらしく 嬉しそうに話していました。

     またネオ・キタロー村に多くの人が訪れて、驚いたり 喜んだりするするのも嬉しいらしく
    今度また全国ネットで放映されるから また人が来てくれると嬉々として話していました。

     村長はネオ・キタロー村に在住していません。
    麓の方に家があるそうで、日曜日だけコチラに来て お客さんのガイドをしたり
    人とのふれあいを楽しんでいるみたいです。
    私が来訪した時も、車で現れ 家までご飯を食べに行ってきたとの事でした。

    以上、岡崎市ぬかた商工会のウェブでも紹介されているネオ・キタロー村よりHearts(室長)がお伝えしました。

    ネオ・キタロー村の場所は、愛知県岡崎市井沢町65

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポしたあやしぃ~トコ探検記をすべてみて見る?

    【関連レポート】
    ★ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 第1報  「すべては心で感じてください。」
    ★ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 第2報 時計台の秘密
    ★ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 最終報告書 ツリーハウスと総括
    スポンサーサイト

    | ≪あやしぃ~ トコ探検記≫ | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://anakawa.blog77.fc2.com/tb.php/1768-cae44721

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT