あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報・リクエストなどお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 第1報  「すべては心で感じてください。」

    あなたのかわりに・・・
     大場工芸氏に教えていただいた、ネオキタロー村潜入調査報告レポを書きますよ。


    ネオ・キタロー村 キタロー川
    Photo by (C)Hearts(室長)

     何処の誰が名付けたのか? キタロー川 
    そのキタロー川の沿線に建つツリーハウスや時計台から成る
    寄せ集め感&手作り感満載のバラックにも似た不思議な村?があるのだ。
    村? 何かのコミューンを形成しているのだろうか?
      ↓
    続きは 興味のある方だけどうぞ。
      ↓


    ネオ・キタロー村 入り口
    Photo by (C)Hearts(室長)

     その名をネオキタロー村! 何でネオなのか?というと
    一度閉村されたが 復活したのでギリシャ語の新しいという意味 
    ネオがついたらしい。

    ネオ・キタロー村 額田ミステリー
    Photo by (C)Hearts(室長)

     額田ミステリーゾーン・・・
    この地にバイクで降り立ったボクの頭の中には、トワイライトゾーンの
    テーマ音楽がグルグル リフレインしていたのは内緒の話で。
    wellcomではなくwelcomingとはヤラれたって感じですが・・・ 
    ボクは歓迎されているのだろうか?

    ネオ・キタロー村 マムシ注意
    Photo by (C)Hearts(室長)

     そこら中に、このような注意書きと村長の携帯番号が書かれているが
    人の気配は感じられず、時計台入り口の門にはスプロケットをぶら下げたような
    パンクな鎖が行く手を阻んでいます。

     どうしたものかと呆然と立ちすくむボクの前に1台の軽のワンボックスが止まり
    中からTVでみたことのある村長が登場! ボクにマシンガントークを浴びせかけるが・・・
    コレはどう見ても マムシでなく つちのこだろう!と気になって仕方ないボクがいる。

    ネオ・キタロー村 ねずみ男っぽくね?
    Photo by (C)Hearts(室長)

     こういう物もあるんだけど、村長は何度も何度も同じ言葉を繰り返す。
    著作権の問題があるからね、心で感じてくださいよ。・・・って「笑」
    村長の狙いはよく分かる。でも、ボクの心で感じたのは「これ ロウソクの像ですか?」
    と村長に言ったのは内緒の話で・・・

    ネオ・キタロー村 ジャオアントロボっぽくね?
    Photo by (C)Hearts(室長)

     村長のセンスは認めますが、何千年も昔のエジプトの著作権があるから名前は言えない
    ほら、あの、あれ わかるでしょう? 心で感じてくださいねが
    キタロー村の地下で眠っているなんて面白いでしょう?と村長はうそぶく
    でも、ボクにはキタロー村というくらいだから、ゲゲゲのチャンチャンコに心で感じるし
    古いところで、ジャイアントロボの頭にしか見えないのはボクだけですか?

    ネオ・キタロー村 入り口アップ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     村長の途切れなく続くマシンガントークの合間を縫って
    入口から中に入れないんですか?と聞くも どうもはぐらかされて
    一向に中に入れてくれる様子がないんだが 何でだろう?

     結局、蜂に刺されようが蛇に噛まれようが怪我しようが
    自己責任で入りますという承諾のもと、住所・氏名・連絡先を書いてからの入場となる。
    記名帳に、大場氏の記名を見つけ「この方に紹介してもらったんです!」と告げると
    ああ、大場さんにね~ と蛍光ペンで名前をマーキングしていたが 何かあるんだろうか・・・

    謎が謎を呼ぶネオ・キタロー村 いよいいよ 内部へと侵入しますが 続きはまた・・・

    以上、ネオ・キタロー村 入口前で前説と概要を聞きながら、Hearts(室長)がお伝えしました。

    ネオ・キタロー村の場所は、愛知県岡崎市井沢町65

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポしたあやしぃ~トコ探検記をすべてみて見る?

    【関連レポート】
    ★ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 第1報  「すべては心で感じてください。」
    ★ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 第2報 時計台の秘密
    ★ネオ・キタロー村 潜入調査報告書 最終報告書 ツリーハウスと総括
    スポンサーサイト

    | ≪あやしぃ~ トコ探検記≫ | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://anakawa.blog77.fc2.com/tb.php/1765-09b0ebfa

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。