あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報・リクエストなどお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    前島 元駄菓子屋ぢゃなくて今も駄菓子屋の富士宮やきそば

    umamazuさんのかわりに・・・
     富士宮やきそば学会人気用表1位に輝いたが、賛否両論の店前島の真実を確かめに行きましたよ。


    前島 富士宮やきそば
    Photo by (C)Hearts(室長)

     
     富士宮やきそば学会HP人気投票で1位になった前島
    だからこそ全国から興味を持ったレビュアーさんがこそって来店して
    数多くのレビューがネット上にあふれていますが・・・賛否両論
    富士宮やきそばの中でもハードで薄味なので味の面でも意見が分かれる
    店主のおばちゃんのキャラクターでも受けとめ方でも意見の分かれるお店

    前島 富士宮やきそば 店の外観
    Photo by (C)Hearts(室長)


     場所は富士宮やきそばの麺を製造しているマルモ食品の近くで
    細い道を入った住宅街にある自宅の前を店舗スペースにした駄菓子屋さんです。
    バイクや車はご自宅の中に止めることができます。
    朝8:00から営業しているので、早めに富士宮に入ってまずは前島で焼きそば食べてスタート!
    量も少ないので朝飯代わりに丁度良さげです。

    前島 サービスで味噌汁
    Photo by (C)Hearts(室長)


     初めてお店に行ったのは1月の寒い朝、バイクでの来店
    店に入ると開口一番「寒かったでしょう、お味噌汁飲んで温まって」と
    お味噌汁をサービスで出してくれました。
    水などはセルフなんですが・・・
    お店のおばちゃん、レビュー読んでいると愛想が悪いのかな?と覚悟していたら
    いきなりの心と体が温まるサービスを受けました。

    前島 ウェイティング席
    Photo by (C)Hearts(室長)


     ただし、前島にはおばちゃんが決めたいくつかのルールが存在するのも確かです。
    前島は鉄板で焼きますが、自分の注文が焼きあがるまで待つウェイティングシート?があるんです。
    鉄板の前で焼きあがりを待つ事ができません。
    おばちゃんと色々話してかなり打ち解けたかな?と思って
    「焼きそば焼くのを見たいから そっちで見ていいですか?」と聞いたら
    「ダメです! そちらの席でお待ちください!」とピシャリと言われました。
    ルールには厳しいおばちゃんです。
    今まで仲良く話していたのに?と、この辺りがおばちゃんの気分次第とか気難しいと言われる所以かも。

    前島 店内
    Photo by (C)Hearts(室長)


     焼きあがると、こちらの食べる方の鉄板前の席に移動します。
    前島では鉄板からそのまま箸を入れて食べるスタイルですので
    小皿に取って食べれません。

    これについても衛生面がナンタラカンタラ
    子供が火傷しそうで心配と言う方にはオススメできません。
    いくら学会人気投票1位で気になるといっても 受け入れられなし雰囲気と
    スタイルならば、わざわざ行って不愉快な思いすることはないと思います。
    B級グルメの焼きそばに我慢する程の価値や美味しさを見出すのは難しいかと思います。


    前島 富士宮やきそば
    Photo by (C)Hearts(室長)


     前島の焼きそばは、プレーンは肉かすとキャベツのみのシンプルな焼きそば
    水は少なめで焼くので、麺のハードな食感とソースも少なめ薄味仕上げなので
    麺のそのものの味が噛むほどに味わえます。
    マルモ製麺の麺本来の味わいを楽しめる富士宮やきそばに初めて出会いました。
    薄味のソース味に麺の味 ダシ粉の味ストレートに味わえます。

    ジモは水を一切使わずキャベツなどの具から出る水分とソースの水分だけで焼く人も多いみたいです。←(蛇足)
    ソースも少なめ、味は薄めに仕上げてくるので、「薄かったら言ってね、ソース足すから。」
    と声をかけられます。
    まずは少し食べてみて 味の濃さを見てからソースを追加してもらってください。
    これは、濃く作っ味は薄くできないが 逆に濃くはできるという配慮だそうです。
    しかし、ソース追加も最初だけで 中間や終盤ではソースの追加はしなルールあるので
    嫌な思いをした観光客の方も多いんだと思います。

    前島 富士宮やきそば 玉入り
    Photo by (C)Hearts(室長)


     プレーンな富士宮やきそばも良いんですが
    やはり味のことを言ったら肉やイカなど具をトッピングしたほうがより美味しいと思います。
    そこで肉・玉入りを注文です。
    キャベツにもこだわりがあるそうですが、卵も手に入りづらいこだわりの卵を使っているそうです。
    少し食べて 味の濃さを確定してから 生卵を投入して カルボナーラのように
    生卵をからめて食べる独自のスタイルです。
    早く食べないと 鉄板の上だからドンドン卵に火が通リますが・・・
    これは、新しい感覚で美味しいと思います。

     最後におばちゃんのレポ
    どこにでもいる、人の話にはあまり耳をかたむけないで自分のペースで
    自分の言いたいことを 相手が聞いていようが聞いていまいが勝手に話すタイプ。
    最盛期は、3時間待ちとか駐車場問題や行列でで近隣の家ともめたりしたそうですが
    元々駄菓子屋の焼きそばですから 子どもや近くで働く人の昼飯需要の店だったのが
    富士宮やきそばブームと人気投票1位でお客が押し寄せて 大変な思いをしたんだと思います。
    押し寄せる客の注文を聞き間違ったり 忘れたり・・・ 一人ですべてこなすからこそ
    待ち席と食べる席を明確に分けたりと独自のルールを作っていたのではと思います。
     現在は混んでいません、むしろ私は他のお客と顔を合わせたことがありません。
    混んでいた頃に常連さんが食べれないと離れてしまったそうです。
    でも、お客がブーム時より減ったのは負け惜しみでも何でもなく
    お客と対話しながら焼きそばを食べてもらうという本来の姿に戻ったそうです。

     人気投票1位の話
    私は、素材そのものの味を味わいたい方なので前島の焼きそばは好きな方です。
    でも、富士宮やきそばとして一番美味しいか?と言われたら 疑問が残ります。
    普段味の濃いものに慣れた方には 味気ない焼きそばだと感じると思うし
    麺は一玉だから他店より少ないということもないが 少なく感じるのも薄味だからか。
    好みや味覚は人それぞれだからわかりませんが、おばちゃんおキャラクターや
    店のルールを理解した上での来店がイイかもしれないですね。

    以上、前島の鉄板前より、Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の舌で前島の味を確かめる番ですよ・・・

    前島の場所は、静岡県富士宮市矢立町195 0544-27-6500

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡東部のB級グルメ系の話題をすべてみて見る?

    前島焼きそば / 富士宮駅

    スポンサーサイト

    | 【静岡東部】B級グルメ | 10:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

    本年も楽しく記事を読ませていただきます。

    富士宮やきそばですか・・・、奥深いんですね。

    自分の中学、高校時代は、部活が終わると、近所のこのテの駄菓子やへいって、“しぞーか”おでんをほおばりつつ、おばちゃんにやきそばをオーダーする。 当時やきそばそのものは全国どこにでもあるような感じですが、おでん用に用意されていた“だしこ”と“あおのり”、そして“かつおぶし”は“フリーチャージ”で掛ける・・・てのが一般的でしたが、用はコレが富士宮やきそばなのかな? 今でもよくわかりませんが、まあ、未だ用宗の海岸近辺ではこんな感じのやきそばが売られているような気がします。

    | はじめまして | 2012/01/12 11:10 | URL | ≫ EDIT

    わざわざありがとうございました

    こんにちは。
    わざわざ行ってきてくださってありがとうございます。
    細かい説明で、現状がよくわかりました。

    私の行った時は、鉄板の前で焼きあがるのを待っていましたが、繁盛してからルールが増えたようですね。
    帰りに駐車場まで出てきてくれた記憶があるので、そんなに書かれるほど悪い人ではないと思っていましたが、会話は全然していなかったのでどんな方までかは知りませんでした。

    | uma | 2012/01/12 19:17 | URL | ≫ EDIT

    室長、こんにちは。

    こちらのお店、食べログをはじめ、あちこちで賛否両論で非常に興味がありました。室長の訪問記でよくわかりました。最近は比較的すいているということなので、朝食時間帯に寄ってみたいと思います。

    それにしても富士宮焼きそばのブームって凄かったんですね。

    | メンカタ | 2012/01/12 21:39 | URL |

    はじめましてさんへの書簡

    はじめましてさん おめでとうございます。

     最近おみえにならないので心配しておりましたがお元気そうで安心しました。
    こちらこそ 今年も私のレポにお付き合いください。

    そうそう、私の子供の頃は駄菓子屋に行くと必ずおでんがあって食べた口です。
    焼きそばお好み焼きなどの鉄板のある駄菓子屋は付近に少なかったけど 昔は自宅で開業しているお好み屋 焼きそば屋ってたくさんあったんですけどね。
    富士宮焼きそばは、マルモ製麺や叶屋のハードな蒸麺を使い ラードで焼いて キャベツと肉かすを使うのが基本みたいです。
    私も肉かすは、ブームになるまで知りませんでした。
    用宗 ありますね~ 焼きそばの屋台
    探すと結構今でもそのてのお店隠れてて面白いですよ。

    | Hearts(室長) | 2012/01/13 09:15 | URL | ≫ EDIT

    umamazuさんへの書簡

    umamazuさん こんにちは。

     この度は良いリクエストありがとうございます。
    私の富士宮やきそばに対する見識が変わるターニングポイントになりました。

    前島のおばちゃんは、あまりに急激に押し寄せたお客さんの対応でああなったのではないのかと考えています。
    全国からいろいろな人達が押し寄せたんですから・・・
    今までジモの常連客で回していたのが いろいろな客が来れば自分勝手な行動や言動をする客なども多かったと思います。

    でも、基本的に気遣いもしてくれる良い人だと思います。
    話好きではありますが、私はそいうのが好きだから歓迎です。

    次回行く機会があれば、空いていれば積極的に話して見てください。人となりがわかると思います。

    ただ、最盛期の遠くから来て 3時間待たされて食べたら やはり 文句の一つの言いたくなる気持ちもわかります。
    そんなに待ってまで食べるグルメな店でないことだけは断言できます。
    駄菓子屋の焼きそばにそれを求めるのは酷だと思います。

    | Hearts(室長) | 2012/01/13 09:29 | URL | ≫ EDIT

    メンカタさんへの書簡

    メンカタさん こんにちは。

     今回は私らしくなく ちょっと感情が入り過ぎのレポになってしまいました。
    現在は空いていますので、普通に食べることが出来ると思います。
    自分で自宅で焼いていた富士宮やきそば、水が多すぎ肉かすが多すぎたというのがわかり 自分で焼く時の参考になりました。

    にしても、あの小さな住宅街の自宅前の店舗に3時間待ちって・・・
    すごい量の自動車と行列だったと思います。
    よくもそれだけのお客の数をおばちゃんがさばいたと驚きです。

    | Hearts(室長) | 2012/01/13 09:40 | URL | ≫ EDIT

    別な角度から・・・

    「食べログ」でのヤラセ問題が発覚しました。
    裕治伯爵は「食べログ」やらガイドブックは一切参考にしません。
    当然ですがランキング上位なんて気にもしません。
    「接客が悪い」「衛生面が」そんな事と言う人も居ますが・・・
    それなら一流のホテルのレストランで喰えばいいだけ。
    街の中の個人店は店主のキャラも魅力なんです。
    幼少の頃から通ってた・・・
    このような「焼きそば」「お好み焼き」「おでん」を売る店に行けば、今でも「お前は悪ガキでな」
    そう彼女の前でも平気で言う。
    彼女には、一応は客に対して使う敬語らしい言葉遣いですが・・・
    裕治伯爵には「オイ」「お前」ですから(笑)
    でも・・・
    それでいいんですよ。
    そんな地域密着の店に観光客は合わないだけ。
    ガキが鉄板を触って火傷した・・・
    そう文句を言う親は馬鹿ですね。
    体で覚える事も重要なのですが・・・
    町興しで観光客が増えるのも良いですが迷惑な観光客は来るな。
    そう思う裕治伯爵です。

    | 裕治伯爵 | 2012/01/17 09:54 | URL |

    裕治伯爵への書簡

    裕治伯爵様におかれましてはご機嫌うるわしう

     私も同感です。
    私もあまりランキング等気にしないで、行ってみたい店気になる店に行ってレポを書かせていただいております。
    なので、何でこんな店のレポを?・・・思われている方も多いお思います。
    やはり地域に密着した小さなお店に惹かれてしまいますし
    そこで店主の話を聞けるのも楽しみの一つです。
    鉄板で子供が火傷すると危ない! と言われて鉄板をやめた店何軒か見ました。
    私も そうやって子供は学んでゆくものだと思ってるんですが最近の親御さんは違うんですね。

    | Hearts(室長) | 2012/01/17 12:15 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://anakawa.blog77.fc2.com/tb.php/1526-1bc0bf4a

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。