あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報・リクエストなどお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    手創り 真空管アンプに魅せられる・・・

    あなたのかわりに・・・
     OCTOPUS PARK book cafeにある真空管アンプに魅せられましたよ。



    _1050200_0233.jpg


     この真空管アンプはメーカー製ではなく、手創りで創られた物なんだそうです。


    _1050203_0236.jpg


     創った会社は、以外にすぐ近く よく通る道ぞいにあり名前も聞いたことがある フジアコーステック


    _1050204_0237.jpg


     このスケルトン感がたまりません。
    むき出しの真空管の発するオレンジの光が温かくもあり・・・
    周りのクールなメタルとのコントラストがたまりません。


    110111_0184.jpg


     もちろん CDのデジタルオーディオに慣れた耳には アナログレコード真空管アンプの柔らかく心地よい響きに 時間を忘れて居座ってしまうのかもしれない・・・


    以上、OCTOPUS PARK book cafeよりHearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の耳で真空管アンプの音を確かめる番ですよ・・・


    スポンサーサイト

    | メカニカル | 14:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    真空管アンプですかあ~。
    仕事柄カーナビゲーション関する部分に興味があり、また、取引の関係で先日パナさんの真空管アンプの付いたプレミアムカーオーディオの説明を受けましたが、そもそも真空管を始めてその時にみまして正直レトロなイメージだなと思いましたが、プロの方に言わせれば、音は確かに耳で聞くものだけれども、目で聞くものでもありますとの説明でなるほどなあと思いました。
    なぜか、温かみを感じますよね。

    | はじめまして | 2011/01/13 14:46 | URL | ≫ EDIT

    真空管アンプ、デジタル全盛の今ではほとんど見かけなくなりましたね。
    今でも販売されているのはLUXMANぐらいでしょうね。
    昔、LUXMANのアンプに憧れた時期がありました。
    当時は完成品だけではなく自分で組み立てるキット販売もあり、専門誌のページを賑わせていたものでした。
    もう30年以上も前の話です。

    | 必殺仕食人(ゴリ) | 2011/01/13 19:47 | URL | ≫ EDIT

    はじめましてさんへの書簡

    はじめましてさん 寒い日が続きますがいかがお過ごしですか?

     私も細かいことはわからないし うんちくは置いておいても
    あのオレンジ色の発光には癒されます。
    なぜあんなに暖かい光を発するんだろう?って感じです。
    いつまでも見つめていたい感じです。

    | Hearts(室長) | 2011/01/13 23:35 | URL | ≫ EDIT

    ゴリさんへの書簡

    ゴリさん 寒い日が続きますがいかがお過ごしですか?

     こちらのアンプを作ったフジアコーステックでは、ELEKITの自作真空管アンプキットも販売しているみたいですよ。
    ハンダゴテが使えれば作れるかな?
    http://www.elekit.co.jp/product/54552d38373052
    この一番安いキットももいいかも。

    | Hearts(室長) | 2011/01/13 23:49 | URL | ≫ EDIT

    私も真空管アンプといえばLUXMANのイメージがありますね。

    デジタルの音はS/N比の良い、ノイズの少ない音ですが
    細かなノイズの中に臨場感があったりするものです。

    場の雰囲気まで入っているからこそ
    アナログが良いと思うのかも知れませんね。

    | のずたく | 2011/01/14 12:35 | URL | ≫ EDIT

    のずたくさんへの書簡

    のずたくさん 寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

     のずたくさんは、自転車やカメラだけでなくメカニカルなもの全般にお詳しいので尊敬します。
    アナログの柔らかさはそんなところにも理由がありそうですね。
    デジタル化してしまったCDが今では当たり前のようになっていますが、思い起こすとレコード時代の埃や静電気との戦いが懐かしいですね。

    | Hearts(室長) | 2011/01/14 14:44 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://anakawa.blog77.fc2.com/tb.php/1093-599bdca5

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT