あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報・リクエストなどお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    ≫ EDIT

    山宮浅間神社 2013元旦 木花開耶姫に新年の挨拶を・・・

    あなたのかわりに・・・
     山宮浅間神社にて木花開耶姫に新年の挨拶と御神体の霊峰富士に手を合わせてきましたよ。


    山宮浅間神社 鳥居
    Photo by (C)Hearts(室長)

     浜石岳で初日の出を見たら、そのまま東進して富士宮に入る。
    初詣もしてこようと向かった先は、富士宮といえば本宮浅間神社が有名で
    多くの参拝客で賑わうんですが・・・
    ボクが向かうのは、山宮浅間神社
    正月でも参拝者が少ないパワースポットです。

    山宮浅間神社 灯篭
    Photo by (C)Hearts(室長)

     新しいボクのパートタイムラバー?台湾娘の紹介も兼ねての参拝です。
    浜石岳も新しいパートナーと登りましたが、なかなかトルクフルな走りを披露してくれました。
    などと話がそれましたが 閑話休題

     元旦というのに訪れる参拝客もほとんどなく静寂につつまれた山宮浅間神社
    二の鳥居をくぐると、石灯籠が参道脇に立ち並びます。

    山宮浅間神社 籠屋
    Photo by (C)Hearts(室長)

     参道をあるくと籠屋が見えてきます。
    しずおかKさん 籠屋でよろしいんですよね?
    山宮浅間神社には、拝殿も本殿もありません!
    唯一の建物がこの籠屋 ここに賽銭箱がありこちらで拝んで雑記帳に一言書いたりします。

     都市伝説かもしれませんが、ここ山宮浅間神社は古来より
    本殿などを建築しようとすると、大風が吹き屋根を吹き飛ばし
    建築できないと言われています。

    山宮浅間神社 鉾立石
    Photo by (C)Hearts(室長)

     籠屋を抜けてさらに玉砂利の参道をゆくと道の真ん中に鉾立石が・・・
    ただの石ころではありません。
    神事の時に神の宿る鉾を置く神聖な場所。

    山宮浅間神社 御神木
    Photo by (C)Hearts(室長)

     さらに進み階段を登り鐵柵の門を開けると自然の中に遥拝所があります。
    ここにはしめ縄がされた御神木と祭壇が設けられていて磐座に溶岩が祀ってあります。
    ここに入ると空気が一変するような気配を感じ御神木に触れて心を無にすると
    なにかもパワーというかオーラを感じます。

    山宮浅間神社 霊峰富士を望む
    Photo by (C)Hearts(室長)

     そして、霊峰富士を眼前に仰ぎ 富士山を御神体とし遥拝

    山宮浅間神社より望む霊峰富士
    Photo by (C)Hearts(室長)

     ポイントは2つ、鳥居の真ん中は神の通り道ですから真ん中を歩かず端を歩きましょう。
    お金が欲しいとか、自分が幸せになりたいとか、個人的なお願いを神様にしても聞き入れてくれないそうです。


    以上、木花開耶姫が舞い降りるかもしれない磐座前より、Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の心で木花開耶姫を感じる晩ですよ・・・

    山宮浅間神社の場所は、静岡県富士宮市山宮字宮内740

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポしたパワースポットを行く!!の話題をすべてみて見る?
    スポンサーサイト

    | パワースポットを行く!! | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    阿波々神社にある無間の井戸と磐座(いわくら)

    あなたのかわりに・・・
     粟ヶ岳山頂にある阿波々神社にK泉君との初走りに寄ってお詣りしてきましたよ。


    阿波々神社 鳥居
    Photo by (C)Hearts(室長)


     掛川の粟ヶ岳、そう山肌に大きく「茶」の文字が描かれた低い山
    バイパスを走っていても読み見えるあの山です。
    その山頂にある阿波々神社 こじんまりちょした神社ですが
    ここには興味深いものがあるんです。
    ことらのNTT無線中継局側からはいると色の塗っていない素朴な鳥居が・・・

    無間の井戸
    Photo by (C)Hearts(室長)


     お参りを終えて拝殿の横に行くとあるのが 「無間の井戸」
    遠州七不思議の1つに数えられているあやしいスポット
    人間の欲望に深さを戒めた伝承があるんですが、無間の井戸の話はまた後の話で・・・

    磐座
    Photo by (C)Hearts(室長)


     簡単なハイキングコースになっていて古代の森には磐座(いわくら)があります。
    この大きな岩は磐座と呼ばれるもので 古代祭祀の跡と言われています。
    太古の昔、神様がこの岩の上に降臨された神聖な場所です。

    磐座 2
    Photo by (C)Hearts(室長)


     そんな神聖な磐座に登ったり 落書きしたりすると神罰が当たると書いてあるのに
    親子で登っている人がいて神罰当たるのかと新年早々心配になったのは内緒に話で

    地獄穴
    Photo by (C)Hearts(室長)


     K泉君がのぞき込んでいるのは「地獄穴」地獄まで続いているのではないかという
    磐座の岩の裂け目で真っ暗な穴があります。
    人の心理でそんな穴を見ると石を投げ入れてみたくなるみたいですが
    神罰が当たるので ゆめゆめそんなことは考えないようにね。


    以上、古代祭祀の磐座より、Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の目で阿波々神社の磐座と無間の井戸を見る番ですよ・・・

    阿波々神社の場所は、掛川市東山1050-1あたり 粟ヶ岳山頂

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした御利益あるかな?神社巡りの話題をすべて見てみる?

    | 遠州七不思議 | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |