あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報などお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    ≫ EDIT

    カフェ マリの家 ドメスティックな隠れ家カフェ

    エピスさんのかわりに・・・
     恐ろしいほどドメスティックで、場所もわかりにくいマリの家でランチしてきましたよ。

    マリの家 ランチ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     20年くらい前にお気に入りでよく行っていた 市立病院近くにあった「キュードス」
    いつの間にか閉店してしまい、その後何年か後に自転車屋さんでバッタリ再会するも
    「自宅でカフェやってるけど お店の場所は教えない!」と教えてもらえず
    一体どこなんだろう?と思っていたら それがここ「マリの家」だったんですね。
    リクエストをくれた エピスさんい感謝です。 探していたんですよ~

    マリの家 店の外観


     狭く碁盤の目のように区切られた一方通行の道沿いにあり
    1度覚えれば大丈夫ですが、初めてだとなかなか辿り着けそうもなく
    曲がり角に看板でもあれば違うんでしょうけど、探しました・・・
    とりあえず 普通のお家です。 全く店舗の匂いはしません。
    庭にある「カフェ マリの家」という手書きの看板だけが目印です。

    マリの家 お庭
    Photo by (C)Hearts(室長)

     店舗兼住宅でもなく、富士吉田のうどん屋的な営業時間だけ自宅の一部を開放している感じ
    玄関のドアを開けて、土間で靴を脱ぎお家に上がってリビングへと進みます。
    リビンからは、お庭が見えてイイ感じです。

    マリの家 丸テーブル
    Photo by (C)Hearts(室長)

     リビングに置かれた丸いウッドのちゃぶ台?いやテーブルが唯一の席
    相席も何も、テーブルが1個だけですからね。
    しかもマックス4名座ったら一杯かな?
    マリの家は、昔のキュードスを知るお客さんや店主の知り合い相手に
    趣味でやっているようなお店ですから、静かで落ち着いた隠れ家でもあるけど
    店主のクドウさんを知らないと、自分たちだけの世界に入らないとならなくなるかも。

    マリの家 自家製パン
    Photo by (C)Hearts(室長)

      ランチは、パスタかリゾットのどちらかだけ選ぶんだと思いました。
    私は元々 キュードスにパスタ食べに行ってたから迷わずパスタの方を注文。
    クドウさんの自家製パンがまた食べれるとは・・・
    今回は焼きたてを食べれなかったけど 今度は焼きたてが食べたいな。

    マリの家 生ハムのフルーツサラダ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     生ハムとフルーツのサラダにスライスしたチーズを添えて
    今回は柑橘系のボンカン、ぶどうなどが入っていて 一口食べると
    懐かしいキュードスのドレッシングの味が蘇りました。
    おもわず、キュードスのドレッシングの味ですね!ってクドウさん言いました。
    生ハムとフルーツのサラダ美味しかったです。

    マリの家 パスタ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     パスタは野菜たっぷり、スライスしたチーズもたっぷり乗せて頂きます。
    塩味も程々で野菜の味を感じられるパスタに満足! 

    マリの家 デザート
    Photo by (C)Hearts(室長)

     デザートは別なので どうするか聞かれましたが、もちろん頂きます。
    自家製の柚子のシャーベットでお口の中もリフレッシュ。

    マリの家入り口
    Photo by (C)Hearts(室長)

     料理はもちろん注文受けてから作り始めるので時間がかかります
    その間 作りながらクドウさんとずっと話しをしていました。
    マリの家のマリとは今は亡き 愛犬の名前だそうです。

     営業時間も営業日もほとんどクドウさんの予定で決まるみたいで
    用事があれば店を閉めて出かけちゃう。電話して営業の確認か予約が必須です。

     クドウさんの作る料理は、僕が若いころ好きで食べ続けたソウルフードと言っても過言はないので
    思い入れが強いですが、現在は趣味でやっているそうなので、やはりクドウさんを知らないお客さんにとって
    カフェ マリの家は、探してまで行っても、狭いし 普通の自宅だし 食べ物は2種しか無いし時間かかるし・・・
    その辺りをよくご理解した上で行ってみてください。


    以上、北安東の裏路地のカフェマリの家より、Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の舌でカフェ マリの家の味を確かめる番ですよ・・・

    お店の詳細や地図、他の方の口コミ等はこちらでどうぞ。

    マリの家カフェ / 音羽町駅長沼駅柚木駅(静岡鉄道)

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡中部の喫茶店・カフェ系の話題をすべてみて見る?

    スポンサーサイト

    | 【静岡中部】喫茶店・カフェ系 | 07:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ル・コントワール・ド・ビオス 野菜を美味しく食べるなら・・・

    あなたのかわりに・・・
     ビオファームまつきが静岡にもお店を出したのでル・コントワール・ド・ビオスに行って来ましたよ。


    ル・コントワール・ド・ビオス 根野菜のグリル
    Photo by (C)Hearts(室長)


     無農薬でおいしい野菜を提供する ビオファームまつきさんの店が
    静岡にもオープンしました。 その名もル・コントワール・ド・ビオス
    野菜の美味しさを私に教えてくれた まつきさんの野菜をさらに美味しく
    食べさせてくれました。

     こちらは 根野菜グリルでバーニャカウダもついてきますが
    そのまま食べても素朴で力強い根野菜の味が味わえます。
    大根だって エグ味もなく甘みすら感じる美味しさです。

    ル・コントワール・ド・ビオス 生ハムのサラダ
    Photo by (C)Hearts(室長)


     生ハム自体も美味しいんだけど、サラダがまたイイんです。
    癖のある野菜なんだけど 柔らかい苦味が生ハムとよく合うんです。

    ル・コントワール・ド・ビオス 子羊の心臓
    Photo by (C)Hearts(室長)


     野菜だけじんないんです! 肉系のグリルも手抜きなし。
    子羊の心臓のグリルは、火を入れすぎるとヤバイけど
    良い感じの火の通り方で 肉とはまた違うシャクシャクした食感ですが
    内蔵好きの私にはたまりません。

    ル・コントワール・ド・ビオス 麦豚の三枚肉
    Photo by (C)Hearts(室長)


     私のリクエスト、麦豚三枚肉のグリル
    脂がくどくなくて 甘みがあって 豚の脂の旨み満載
    ソースやタレは要らない! 塩コショウだけでいい!

    ル・コントワール・ド・ビオス ニンジンジュース
    Photo by (C)Hearts(室長)


     お酒の飲めない私には、ビオファームまつきのニンジンジュース
    りんご レモン 梅エキスの絶妙なブレンドでこんなに美味しいなんて。

    ル・コントワール・ド・ビオス レッドムーンのチーズケーキ
    Photo by (C)Hearts(室長)


     デザートは、レッドムーンを使ったチーズケーキ
    チーズケーキにまで野菜? と思ったけど食べたら 美味しい~
    デザートまで野菜を使ってこんなに美味しく仕上げるとはうれしい限りです。

    ル・コントワール・ド・ビオス 店内
    Photo by (C)Hearts(室長)


    店内は、開放的なオープンキッチンで カウンター席で頂きたいですね。

    ル・コントワール・ド・ビオス 店の外観
    Photo by (C)Hearts(室長)


     実はこの日はオープン初日、ケイさんのご好意で入店できました。
    帰りは松木さん自らが お客さんを見送っていて、人柄の良さも感じます。

    以上、ル・コントワール・ド・ビオスの美味しい野菜を食べながら、Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の舌でル・コントワール・ド・ビオスの味を確かめるばんですよ・・・

    ル・コントワール・ド・ビオス (Le Comptoir de Bio-s)の場所は、静岡市葵区紺屋町12-8  054-221-5250

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡中部の伊・仏・露・洋食系の話題をすべてみて見る?

    お店の詳細や地図、他の方の口コミ等は食べログやlivedoorグルメでどうぞ

    ル・コントワール・ド・ビオスビストロ / 静岡駅新静岡駅日吉町駅
    ↑食べログ

    ル・コントワール・ド・ビオス ( 新静岡 / 野菜料理 )
    ↑powered by livedoor グルメ




    | 【静岡中部】伊・仏・露・洋食系 | 23:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |