あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報などお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    ≫ EDIT

    寿司・地魚料理 日乃出 帆立の黄金焼きと自分で漬けるまぐろづけ丼

    あなたのかわりに・・・
     次郎長の船宿「末廣」復元施設の隣に歴史のありそうな寿司・地魚料理 日乃出を見つけましたよ。


    寿司・地魚料理 日乃出 店の外観


     歴史がありそうな店舗に創業大正8年の文字
    ちょっと張り紙やビールのたて看板がうるさいのが残念だけど入り口の作りに惹かれました、
    お店はエスパルス通り、船宿末廣の復元家屋の隣にある、寿司・地魚料理 日乃出です。


    寿司・地魚料理 日乃出 店内

     店内も思ったとおりのレトロな店内
    昭和初期の香りを感じる落ち着いたいい感じの店内です。
    創業は大正8年でもこの建物は終戦後、二代目店主が昭和27年に建てたそうで
    現在は三代目と若き四代目がお店を切り盛りしています。


    寿司・地魚料理 日乃出 店内


     正面の座敷もちょっと怪しい雰囲気をつい立と襖がいい味だしています。
    私の琴線が一目で響いたのは当然の話


    寿司・地魚料理 日乃出 店内


     中でも圧巻はこの扇子!
    明治19年に開業した次郎長の船宿「末廣」の披露に山岡 鉄舟が書いた千八本の扇子
    の中の1本 現在では2本しか現存しない貴重な品だそうだ。


    寿司・地魚料理 日乃出


     注文はランチの帆立黄金焼きとミニまぐろづけ丼のセット 900円
    これが若き四代目が考案し、これ目当てで通ってくるお客も多いという帆立の黄金焼き
    食べてみると たしかに美味しい! グラタンのようにも見えるけど 和風と洋風の
    絶妙なバランスの味わいで帆立が好きな方にはおすすめです。
    何が何でも生の刺身が一番と思われる方も多い思いますが、いい仕事をした帆立も美味しいですよ。


    寿司・地魚料理 日乃出


     こちらのまぐろづけ丼は、食べるときに自分で漬けるスタイルで
    漬けて無いじゃん! これって鉄火丼?って思うかもしれないけど
    ただの醤油ではなく特製のづけダレとともに提供されます。
    まぐろのづけ丼というと漬けて黒くなり身が固くなったまぐろを出す店もある中
    まぐろにタレを漬けながら食べる寿司・地魚料理 日乃出のまぐるづけ丼も美味しいです。
    特製ダレには、柑橘系の隠し味なども感じる しっかりと仕事のした味でした。
    あ、私が食べれたので もちろん生臭くなどないまぐろのづけ丼でした。


    以上、レトロな店内で自分で漬けるまぐろづけ丼食べながら、Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の舌で寿司・地魚料理 日乃出の味を確かめる番ですよ・・・

    寿司・地魚料理 日乃出の場所は、静岡県静岡市清水区港町1-2-13


    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡中部の寿司・和食・お食事処系の話題をすべてみて見る?


    お店の詳細や地図、口コミ等は食べログやlivedoorグルメでどうぞ。

    寿司・地魚料理 日乃出 割烹・小料理 / 新清水駅入江岡駅桜橋駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.5

    寿司・地魚料理 日乃出 ( 新清水 / 魚料理・海鮮料理 )
    ★★★★4.0
    powered by livedoor グルメ


    スポンサーサイト

    | 【静岡中部】寿司・和食系 | 22:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |