あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報などお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    ≫ EDIT

    赤けりゃ何でもシャーって訳じゃない!ドメスティックな店名の無いラーメン屋

    インキチさんのかわりに・・・
     藤枝の見渡す限り田んぼに囲まれた場所にある赤い彗星?いや!真っ赤ラーメン屋に行って来ましたよ。


    真っ赤なラーメン屋 冷たいラーメン
    Photo by (C)Hearts(室長)

     見渡す限りの田んぼの中の1本道を走って行くと、いきなり視界に現れるという
    真っ赤ラーメン屋が藤枝にあるというので突入してきました。
    赤といえば、どうしても我々の世代はシャーと赤い彗星を抜きには語れない悲しい性
    「見せてもらおうか、赤いラーメン屋のラーメンの性能とやらを・・・」

    真っ赤なラーメン屋 三ツ星看板
    Photo by (C)Hearts(室長)

     アプローチの沿道沿いの看板からすでにヤラれます!★3つ?のラーメンですか。
    足場パイプで組まれた看板 もちろん足場パイプも赤。
    その下の小屋、隣にビニールハウスとの堺の杭も赤。

    真っ赤なラーマン屋 店の外観
    Photo by (C)Hearts(室長)

     こちらの看板の「まゅうい~!!」後で気がついたんだけど意味が?
    うまい?まずい?どっちだったのか聞きてこなくてまた聞きに行かないと・・・
    ラーメンのフォントがラーショのフォントを思い起こすのは私だけですか?

     アルミサッシの掃き出しのフレームをシルバーで残して両端の下側のhガラスまで赤く
    塗りつぶしたのは計算ですか? デザイン性を感じてしまいます。

    真っ赤なラーメン屋 トイレ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     簡易トイレも真っ赤・・・ イヤ!天井を白く残して雪をかぶった赤富士を思い起こす。

    真っ赤なラーメン屋 車
    Photo by (C)Hearts(室長)

     ナンバーを切った軽自動車は、マッドレッドな所に萌え!
    HONDAのエンブレムは塗らずにとってあるのはHONDAに敬意を表してか? 
    Power of dream・・・

    真っ赤なラーメン屋 店内
    Photo by (C)Hearts(室長)

     店内もちろん赤、赤いカウンターとステンレスの天板の組み合わせは
    どう見てて計算された イタルデザインに見えてしまうから不思議
    上に吊るされた赤いひょうたんもステキ。

     当初年中無休で頑張ったが、体がもたないことに気がついて 月曜定休になったそうです。
    営業時間は朝7時から午後2時までの営業となります。
    朝7時からの営業と冷たいラーメンがあるけど、藤枝系朝ラーメンとは違う感じです。
    その辺りラーメンを作ってくれる娘さんに聞くと、「そう?他のラーメン屋食べに行かないから
    藤枝の朝ラーメンって食べたことがないのよ。 元々ラーメンより蕎麦が好きだから・・・
    でもそばを打つ根性は無いからラーメン屋やってるんだとか「笑」
    でも、ラーメン屋をやるのは3店舗目で最後に自宅の近くのこちらで開業したということです。
    今はなき、焼津インター近くプラウドの横のテナントでも営業してたんだとか・・・
    そうあの僕達の記憶の中で生き続ける「喰い道楽」や名店の系譜「燕」があったトコらしいです。

    真っ赤なラーメン屋 ラーメン
    Photo by (C)Hearts(室長)

     メニューはラーメンとチャーシュー麺と冷たいラーメンとライスという潔さ。 
    基本のラーメンを注文、明るく元気なお嬢さんがラーメンを作ってくれます。
    お店の外観はインパクトありますが、ラーメンは至って真っ当な正統派ラーメン
    スープの表面には透明な脂の層が出来ていて 背脂をスープに使っているのだろうか?

     レンゲですくってスープを一口・・・ うーん! 懐かし系のがら風味醤油スープが
    昔を思い出させる郷愁の味わい。
    昔ながらのラーメンをまじめに作っている感じがうかがえます。

    真っ赤なラーメン屋 店内
    Photo by (C)Hearts(室長)

     壁の赤色のムラも手作り感満載で微笑ましいですが、これって缶スプレーの吹きムラか!
    ラーメンを作ってくれたのは娘さんで お父さんがコツコツとこちらのお店を作ったそうです。
    侠気のあるお父さんですが、フレンドリーに色んなな話しをして下さいました。
    こちらのお店、静岡の豚豚の昔のラーメンの味とほぼ同じという事です。

     なぜ赤くしたかという質問には、最初何色にするか迷ったが黄色をつかった看板のラーメン屋はあるが
    真っ赤なラーメン屋は無いから面白いということで赤に決まったくらいのノリのようです。

     しかし、毎朝3時から仕込みを開始4時間煮込んでスープを完成させて7時からの営業
    毎日残ったスープは捨てて 毎朝新しく仕込むらしく、前日の残ったスープにがらを足して
    スープを作るようなことはしないという信条があるそうです。

    真っ赤なラーメン屋 冷たいラーメン
    Photo by (C)Hearts(室長)

     おかわりに 冷たいラーメンも注文。
    こちらも藤枝式ではなく、スープをそのまま冷たくした感じのラーメン
    スープに氷も浮いて、脂分が固まっています。
    最大の違いは みょうがとシソの刻んだものが乗っていて 清涼感を味わえます。
    でも僕は暖かいラーメンのほうが好きです。

     店名について、真っ赤なラーメン屋でいいんですか?の問に
    「いや、屋号は決まっていない。」と返事が戻りました。
    とりあえず屋号(店名)を決めぬままオープンしたら 店名決まる前にTVの取材が来てしまい
    TVで真っ赤なラーメン屋と紹介されちゃというのが事実みたいで 屋号はないそうです。
    人によってはバラックと呼ぶ人もいるんだとか・・・

     ネットの世界とは無縁と思われた侠気のあるお父さんだが・・・
    「お客さん うち何で知ったの?TV?ブログ?」
    「うちの店ブログに うまいとかまずいとか書かれてる?」と聞かれたときは
    私も「一ヶ月あまりの戦いでジオン公国と連邦軍の総人口の半分を死に至らしめた自らの行為に恐怖した。」
    のと同じ境遇でした。
    もちろん私の返事は「いやぁ、美味しいとか不味いではなくて こんな感じの面白いお店がありますよ。」
    って書いてある感じだったと思います。と大人の返事をしておきました。

    以上、名前がないから食べログにも出せない真っ赤なラーメン屋よりHearts(室長)がお伝えしました。

    正式名称のない赤いラーメン屋の場所は、 焼津市藤守(旧大井川町)辺り  http://navi.tm/z0tt9b9z/

    ☆「あなたのかわりに・・・」で食べログに出せない店!の話題をすべてみて見る?
    スポンサーサイト

    | 食べログに出せない店 | 17:32 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |