あなたのかわりに・・・

    行ってきます。気になるお店やスポットの情報・リクエストなどお寄せ下さい。 ANATANOKAWARINI is here ! 

    ≫ EDIT

    サトウヤ(Satouya) 西伊豆町仁科の町内にフランスの風を・・・

    あなたのかわりに・・・
     仁科の町内に、そこだけ全く違った雰囲気を醸し出すスィーツのお店見つけましたよ。


    サトウヤ(Satouya) ケーキ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     仁科漁港で新鮮なイカで作るイカ様丼を食べた後
    仁科の町内においしいケーキ屋さんがあるとの情報を元に探しに行くことに
    そこで、まさかの出会いがボクを待っているとはこの時夢にも思っていませんでした。
    まさにオーパーツの如く本来ありえない物がありえない場所から発見されたような・・・
    漁港の町でフランスのエスプリを感じるおいしい隠れ家的ケーキ屋さんがあるとは・・・

    サトウヤ(Satouya) 店の外観
    Photo by (C)Hearts(室長)

    しかし・・・ 本当にこんなな場所にあるのか?ってくらい 住宅ばかりの町内
    しかも、これといって道案内の看板もなくカーナビも周辺までしか案内せず町内をグルグル探すはめに
    そしてついに発見! 普通の住宅の中にそこだけポッカリと違う雰囲気の建物を発見!
    珈琲色のウッドベースにブルーのトリムがフレンチっぽくない?

    サトウヤ(Satouya) 店内
    Photo by (C)Hearts(室長)

     お店に入るとショーケースの中にはキラキラ輝くスィーツがイッパイ
    こんな場所でこんなに作って売れるの?ってしんぱいになるけど ジモのお客がひっきりなし
    メインはケーキと焼き菓子の販売で奥にイートイン出来るカフェスペースがあります。
    店内の雰囲気は 白い壁にブルーの窓枠がまたイイネ! ここはどこ?フランスの田舎のカフェ
    まぁあのイカを食べた、仁科の町内とは思えない空間を提供してくれているのは間違いありません。

    サトウヤ(Satouya) 店内
    Photo by (C)Hearts(室長)

     店内には雑貨とお洋服もちょっとだけディズプレイされてます。

    サトウヤ(Satouya) テラス席
    Photo by (C)Hearts(室長)

     窓から外を見ると、緑で囲んだ テラス席もあるじゃん!

    サトウヤ(Satouya) ケーキ
    Photo by (C)Hearts(室長)


     まず頂いだいたのは、ケーキ屋におけるイチゴのショートケーキって
    ボク的には、中華屋でラーメンとチャーハンを食べれば店の実力がわかると言うのと同じだと思ってます。

    サトウヤ(Satouya)さんのスポンジは黄色が印象的で食べてみると・・・
    しっとりとしてキメも細かく ぼくの好みのスポンジでおいしい~
    クリームも甘すぎずアッサリしてくせもなくてこれも好みで気に入りました。

     奥側は イチゴのフレジェ フランスでイチゴのケーキといえばフレジェらしく
    スポンジじゃなくて、カスタードバタークリームみたいなものでした。
    これも、スポンジとはまた別の味わいで、おいしいわ~

    サトウヤ(Satouya) リンゴのシブスト
    Photo by (C)Hearts(室長)

     プリンぽく見えるけど、リンゴのシブーストです。
    中にはリンゴを甘く煮た奴が入ってて、表面をキャラメリゼしてありますね。
    リンゴが好きな方には食べていただきたい味わいで美味しいですね。

    サトウヤ(Satouya) アップルパイの試食
    Photo by (C)Hearts(室長)

     試食にどうぞと頂いた、アップルパイ
    りんごの酸味が印象的で良かったですよ。
    タタンタルトがまた別にショーケースにあったから 次回はタタンタルト食べたいね。

    サトウヤ(Satouya) コーヒーシュガー
    Photo by (C)Hearts(室長)

     カフェなんで飲みの物も注文しないとならないんだが
    コーヒーも自信ありげだったんで コーヒーを注文

     コーヒーのシュガーもフランス角砂糖使っているし
    ミルクもポーションでなくちゃんとステンレス容器に入れたミルクだし
    珈琲専門店を名乗って ステックシュガーやカップ入りのミルク出す店とは違い
    こだわりを感じます。

    サトウヤ(Satouya) コーヒー
    Photo by (C)Hearts(室長)

     普通に美味しいコーヒーでしたが、ボクの好みとは違うなぁ
    次回はアレンジ系や紅茶系を試してみたい。

     こちらのお店が都会にあったら特別感動しないかもしれないけど
    西伊豆の小さな町の住宅街いう隠れ家的な場所にあるということで感動ひとしおで
    正直気に入りました! 西伊豆に行ったら寄りたいボクの御用達店に認定です。


    以上、西伊豆の小さな町にいることを忘れさせてくれるサトウヤよりHearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の舌でサトウヤ(Satouya)の味を確かめる番ですよ・・・

    サトウヤ(Satouya) の場所は、静岡県賀茂郡西伊豆仁科257-2 0558-52-3108

    お店の詳細や地図、他の方の口コミ等はこちらでどうぞ。

    サトウヤケーキ / 西伊豆町その他)




    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした伊豆の喫茶店・カフェ系の話題をすべてみて見る?

    スポンサーサイト

    | 【伊豆】喫茶店・カフェ系 | 07:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    アボンドンス 静岡No1のスィーツの呼び声も高い?

    (旧)ろみろみさんのかわりに・・・
     浜松にあって静岡No1スィーツ店の呼び声も高いアボンドンズでスィーツ食べてきましたよ。

    アボンドンス スィーツ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     実は去年 K泉君と行ってたんですが、現像セずにPCの中で眠っていました。
    そこにタイムリーに みくmama。(旧ろみろみ)さんからリクエスト頂き急遽アップです。

    アボンドンス店の外観
    Photo by (C)Hearts(室長)

     目にもまぶしいいブルーが基調の店舗ですが、結構タイトで
    イートインスペースやカフェコーナーはありません。
    テイクアウトオンリーのお店。

    アボンドンス店内
    Photo by (C)Hearts(室長)

     店内には、フレンチトリコロールのメダルがや
    コック帽が飾られています。
    こちらのパテシェはフランスの中の人らしいですが
    この日見た感じいたのは日本人スタッフのみで残念!

    アボンドンス スィーツ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     ショーケースに並ぶスィーツの数々・・・

    アボンドンス スィーツ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     小さくて可愛いけど、プライスは可愛くない?

    アボンドンス スィーツ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     確かに日本人のスィーツ店とはショーケースの中の感じが違いますね。

    アボンドンス スィーツ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     こいう小さくて可愛く 美しいスィーツが騒然と並んでいるのは
    愛知のピエール プレシウズを思い出しました。

    アボンドンス ビュルレ
    Photo by (C)Hearts(室長)

     私のチョイスは、ビュルレとシュープレーム
    ビュルレは仕上げに表面を炙ってくれるのがうれしいね!
    バイクできた僕らは 仕方ないんで裏の駐車場で試食会です「笑」

     ビュルレの表面はカリっと言うほどではないけど
    薄皮くらいでパリっと表面を割り スプーンを差しこみと
    ネットリとしたクリーミーさ 食べてみると口でとろけるとはまさにこの事
    でも、スーツと消えちゃうから 次から次とスプーンに手が伸びる。

    アボンドンス シュープレーム
    Photo by (C)Hearts(室長)

     シュープレームは、ほんわりバニラ風味でこちらも霞にように口の中で消えてしまう
    こいうのが、物足りな感をあおって次々食べたくなるんだろうなぁ。
    とても美味しいと思いますよ。

    以上、駐車場でビュルレ食べながらHearts(室長)がお伝えしました。

     静岡No1かどうかは、先入観なしにあなた自身の舌で確かめる番ですよ・・・

    静岡県浜松市中区住吉2丁目14-27  053-473-8400

    お店の詳細や地図、他の方の口コミ等はこちらでどうぞ。

    アボンドンスケーキ / 助信駅遠州曳馬駅八幡駅

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡西部の洋菓子・スィーツ系の話題をすべてみて見る?

    | 【静岡西部】洋菓子・スィーツ系 | 21:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー) フランス人が焼くからフランスパン?

    ☆あっこ☆さんのかわりに・・・
     リクエスト頂いた、フランス人シェブが焼く人気のパン屋が富士にあるというので行って来ましたよ。


    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     自らもパンやお菓子を作りをする☆あっこ☆さんがオススメしてくれたお店
    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    長い名前ですが、どうもマヌーさんのお店って感じの意味らしいです。
    場所もタイトな道沿いにあり行く気で行かない見つけられないかも知れませんが
    ジモの方々は車で次々と買いに訪れる人気の店のようです。
    お店の外観も石と色使いがとてもイイ感じ! フランスのエスプリ感じちゃいます。

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     パンは1日 1回しか焼かず売りきりなので 午前中に行くのが吉らしく
    昼過ぎには売り切れてしまうことも多いとか・・・
    10時頃には、その日のフルラインアップで焼きあがってるらしいので
    その辺りに買いに行くのがオススメらしいです。

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     パンのディスプレイもスッキリして美味しそうです。
    やっぱり、ハード系に定評があるみたいでした。

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     デニッシュ系のスィーツパンも美味しそう~
    思わず手が伸びそうです。

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     りんごの焼け具合もイイね!

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     キノコのファカッチャだったかな・・・

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     パンの領域を超え、ケーキ屋いらずの スィーツのようなパン

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     アーモンドトースト 1枚だけディスプレイされてましたが
    あまりの存在感に買わずに素通りできませんでしたね。

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     クロックムッシュ
    ハムとチーズにホワイトソースにトーストした食パンに合うんですね。

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     これは美味しい! カリッとした食感はラスクみたい。
    表面にはアーモンドが塗られていて 赤い香辛料がピリピリと口でしびれます。
    こいうのを作るセンスがフランス人シェフゆえでしょうか。

    Boulangerie Le Manu(ブランジュリー・ル・マヌー)
    Photo by (C)Hearts(室長)

     クロワッサン生地の角食パン 小ぶりでスクエアーな食パンです。
    もっとクロワッサンぽく層をなすデニッシュ食パンかと思ったら
    カットしてみたら違う感じでした。 それでも、もちろん問題なし。
    トーストする場合は、バターが滲んで焦げるから軽くね!

     最後に、フランス人シエフが焼くパンだかららって何なんだ!
    って 思うかもしれないですが、やっぱり味覚のベースが日本人とは違うし
    フランスの小麦粉もブレンドしているんだとか・・・
    やっぱり味のベースが一味違うと思います。
    好みに合う合わないはあるだろうけど、私は気に入りました。
    また富士に行ったら寄りたいです。


    以上、イケメンフランス人シェフみて濡れながら、Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の舌でブランジュリー・ル・マヌーの味を確かめる番ですよ・・・
    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡東部のパン系の話題をすべてみて見る?

    お店の詳細や地図、他の方の口コミ等はこちらでどうぞ。

    Boulangerie Le Manuパン / 富士駅

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡東部のパン系の話題をすべてみて見る?

    | 【静岡東部】パン系 | 08:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    フランスではバーベキューで肉を焼くのは男の役目?

    あなたのかわりに・・・
     恒例の某大学 某学部 某ゼミの皆さんとのバーベキューに参加してきました。


    御坂堂


     場所は小坂の山の中、いつものハーモニカ&アコーディオンフォーラム御坂堂
    あいにく天気は雨が降り出しましたが、初々しい女子大生に囲まれてのバーベキュー
    あ、コスプレの人もいましたが、メガネしてないので萌えマセン。←(ノン学生


    梅


     青い梅の実がなっています。


    ソーセージ


     まずはソーセージを炭火で焼いて頂きます。
    先生が鶏肉の漬け込んだものを蓋をかぶせて蒸し焼きにしていますが・・・
    一口も頂くことなく終わってしまったのが悲しい感じです。


    焼きそば


     シェフが作る焼きそばは ひと味違いますね~


    カツオ


     しかも、カツオもまるごと持ち込んで、山の中で解体ショーの開催です。
    シェフすごすぎです。


    キノコ


     本物のフランスの中の人妻が作った料理? 金髪、高い鼻、すごい高い場所に腰が・・・
    コレハ ホンカクフランスリョウリデスネ ナマエハナンデスカ? と聞いたら 「ウーン ワタシツクリマシタ イイカゲン フランスリョウリフウ デス。」

    ナスとキノコの料理でしたが、日本の料理とはやはり味付けのベースが違いますね。
    もちろん美味しかったです。


    ピクルス


     こちらは、カリフラワー・セロリ・ニンジン・パプリカなどを酢漬け?
    ピクルスというかなんというか、基本酢漬けは苦手なんですがこれは美味しい!

     一番笑えたのは、フランスの中の人妻さんが 私に何か言ってる?
    で、その日本の中の旦那さんが私に通訳←(謝りながら
    フランスではバーベキューで肉を焼くのは男の役目 だからあなた肉を焼きなさい!」って私に肉を差し出す(笑)
    まさにドロンジョ様のようなフランスの中の人妻 もちろん私は「アラホラサッサー」と返事して肉焼きました。


    ジンギスカン


     楽しみにしていた本格ジンギスカンだが・・・
    女子大生とマシュマロを焼いている間に 一口しか口にせず終了したジンギスカン
    仕方ないから、女子大生とバケットを焼いてチョコレートフォンデュして食べてました。

     なんだか 外国の人と女子大生ばかりが目立つバーベキューでしたが
    初々しい1年生の女子大生を見ていると みなそれぞれに個性があって面白かったです。
    さすがに成績優秀な人たちはやっぱり違いますね。
    また1歳年上なだけの2年生になると ぐっと大人の女になっているのも驚きました。
    あの年頃の女子ってすごい変化が激しいですね。

    以上、小坂の山の上からHearts(室長)がお伝えしました。







    | 自分で料理 | 00:54 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ジュメル 楽甘堂 フランス菓子と名代きんつばのコラボ

    あなたのかわりに・・・
     フランス菓子と伝統的な日本の甘味のコラボで販売するジュメル楽甘堂できんつば食べてみましたよ。


    ジュメル甘楽堂 店の外観


     次郎長の船宿末廣近く、赤い日よけにジュメルと甘楽堂の文字が目立ちます。
    こちらは、フランス菓子 ジュメルと名代きんつばの楽甘堂が1つの店舗で営業しています。
    スペース的には、ジュメルのほうが広くて、楽甘堂のほうが小さいかな?


    ジュメル甘楽堂 メニュー


     今回はフランス菓子のほうではなくて、焼きたてきんつばあります。1個110円
    に惹かれて バイクを急停車! お店に向かいます。

     まずは、きんつばは、静岡式の丸い刀のつばみたいなスタイルか?
    全国的な 四角くて薄皮スタイルのきんつかか?聞いてみると静岡スタイル
    とりあえず1個頼むと、すでに焼き上げた金つばをビニールに密封したものを
    保温庫から取り出しての販売に、なつかしの静岡にあったはないの金つばを思い出しました。


    ジュメル甘楽堂 金つば


     きんぐばは3本線がしっかり入ってなかったけど よもぎのきんつばです。
    早速 外で寒い中アツアツに保温されたきんつばを頂きます。
    ビニール袋に入っていたけど、思ったほど熱気による蒸れて濡れてなかったです。

     ヨモギの強さもほどほどで、アンコが甘い~ 甘さが後まで口に残るアンコでしたが
    小豆は上手に炊けているみたいでした


    以上、次はジュメルのフランス菓子を試したい Hearts(室長)がお伝えしました。

    さぁ、ここから先はあなた自身の舌でジュメル 甘楽堂の名代きんつばの味を確かめる番ですよ・・・

    ジュメル甘楽堂の場所は、静岡県静岡市清水区富士見町6-13

    ☆「あなたのかわりに・・・」でレポした静岡中部の和菓子系の話題を全て見てみる?

    お店の詳細や地図、口コミ等は食べログやlivedoorグルメでどうぞ。

    ジュメル甘楽堂 洋菓子 / 新清水駅入江岡駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.0


    ジュメル甘楽堂 ( 新清水 / 甘味処 )
    ★★★☆☆3.0
    powered by livedoor グルメ

    | 【静岡中部】和菓子・甘味系 | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |